HOME/Articles/

dockerの備忘録

Article Outline

dockerの備忘録

dockerの基本的な使い方参考のまとめ。

docker desktopは有償化したのでdocker engineを使用した方がいい。

docker engineはWindowsの場合、WSL上で使う。

dockerでpython環境つくるためのTips

参考サイト

DockerでPython実行環境を作ってみる
https://qiita.com/jhorikawa_err/items/fb9c03c0982c29c5b6d5

docker-composeでvolumesを設定する
https://zenn.dev/ajapa/articles/1369a3c0e8085d

Docker Image Python
https://hub.docker.com/_/python

Linux 用 Windows サブシステムで Visual Studio Code の使用を開始する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/tutorials/wsl-vscode

DockerとDocker ComposeでPythonの実行環境を作成する
https://zuma-lab.com/posts/docker-python-settings

Dockerfileで日本語ロケールを設定する方法。およびロケールエラーの回避方法。
https://qiita.com/YuukiMiyoshi/items/f389ea366060537b5cd9

WSL2でLinux~Windows間のファイルのやり取り
https://bootcamp.fjord.jp/articles/29

Dockerコンテナの作成、起動〜停止まで
https://qiita.com/kooohei/items/0e788a2ce8c30f9dba53

Dockerイメージとコンテナの削除方法
https://qiita.com/tifa2chan/items/e9aa408244687a63a0ae

docker,docker-compose設定でデフォルト作業用ディレクトリを設定
https://webplus8.com/dockerfile-docker-compose-yml-working-directory/

docker-compose.ymlの書き方について解説してみた
https://qiita.com/yuta-ushijima/items/d3d98177e1b28f736f04

コンテナに入りたい?それ docker exec でできるよ
https://qiita.com/yosisa/items/a5670e4da3ff22e9411a

コマンド

#docker imageの検索
sudo docker search centos

dockerデーモンステータス確認
sudo service docker status

dockerデーモン起動
sudo service docker start

イメージを一覧表示
sudo docker images

イメージの一覧を出力
sudo docker image ls

コンテナーを一覧表示
sudo docker container ls

レジストリからイメージやリポジトリを取得
sudo docker pull centos:7

コンテナを一覧表示
sudo docker ps

コンテナのプロセスを他のプロセスツリーからは隔離(分離)して実行
コンテナのプロセスに対してttyを割り当てるために、よく -i -t は -it と書かれる
sudo docker run -it centos

自分のターミナルの標準入力、標準出力、標準エラーにアタッチする
コマンドを自分のターミナル上で直接実行しているかのように、インタラクティブ(双方向)に制御できる
sudo docker attach <id>

1つまたは複数のコンテナを削除
sudo docker rm <id>

docker-compose:yaml形式の設定ファイルで複数コンテナを実行を一括で管理できる
コンテナを作成し、開始
up,downでサービスの起動停止
バックグラウンド実行なら「-d」を付けてup
docker compose up --build:サービスの構築もしくは再構築
sudo docker compose up -d --build

1つまたは複数のイメージを削除
sudo docker rmi <id>

停止しているdockerコンテナを起動
-i, --interactive:インタラクティブモードとなるため、継続してコマンド操作などが可能
sudo docker start <id>

1つまたは複数の実行中コンテナを停止
sudo docker stop <id>

実行中のコンテナ内でコマンドを実行
-it:標準入力を開き続ける+疑似TTYを割り当て
bash:対話形式のbashシェルを起動してコマンドの入力を受け付ける状態
sudo docker exec -it <container-name> bash