HOME/🐚 Linux/

🐳 Dockerコマンド一覧

Article Outline

publicdomainq-0020603gmd https://publicdomainq.net/container-ship-0020603/

|| Docker コマンド一覧

  • brew install docker: インストール
  • docker --version: バージョン確認
  • docker login: ログイン
  • docker logout: ログアウト

| FILE

  • docker build {directory}: Dockerfile → Dockerimage
    • docker build .: Dockerfileの格納されているディレクトリ上で実行(.はcdの意)
    • docker build -t {name} {directory}名前指定してビルド

| IMAGE

  • docker images: イメージ一覧
  • docker pull {image}: イメージ取得(Dockerhub → Dockerimage)
  • docker build {directory}: イメージ化 (Dockerfile → Dockerimage)
    • docker build . Dockerfile格納上のディレクトリ上で実行(.=cdの意)
    • docker build -t {name} {directory}: 名前指定してビルド
  • docker run -it {image} bash: コンテナ起動(イメージ実行) ※内部的に「pull」「start」をW実行している。
  • docker run -it --rm {image} bash: コンテナ起動後に削除
  • docker run -it -v {host}:{container} {imege}: ホストのファイルシステムをコンテナにマウント
    • e.g.) docker run -it -v ~/host/mounted_folder:/new_dir {image} bash
  • docker run -u {UserId}:{UserGroup}: ユーザーID、名前を指定してコンテナ作成
    • e.g.) docker run -it -u $(id -u):$(id -g) -v ~/host/mounted_folder:/new_dir {image} bash
    • PC userid : $ id -u
    • PC groupid : $ id -g
  • docker run -p {host_port}:{container_port}: ホストのポートをコンテナポートに繋げる
    • e.g. docker run -it -p 8888:8888 --rm jupyter/datascience-notebook bash
  • docker --cpus {# of CPUs}: コンテナがアクセスできるCPUI上限
  • docker --memory {byte}
    • $ sysctl -n hw.physicalcpu_max: 物理コア数
    • $ sysctl -n hw.logicalcpu_max: 論理コア数
    • $ sysctl hw.memsize : メモリ(byte)
    • e.g.) docker run -it --rm --cpus 2 --memory 2g ubuntu bash
  • docker rmi {image}: イメージ削除
  • docker rmi $(docker images -q): 全イメージ削除

| CONTAINER

  • docker ps -a: コンテナ一覧 (ps=process status)
  • docker inspect {container}: コンテナのあらゆる情報確認
    • e.g.) docker inspect 5f90be76cd31 | grep -i cpu: CPU数やメモリ量等確認時 ([|grep]=抽出 ,[-i]=ignore大文字小文字問わず {検索語句} )
  • docker restart {container}: コンテナ再起動
    • docker exec -it {container} bash: コンテナ実行
  • docker stop {container}: コンテナ停止
  • docker stop $(docker ps -q): 全コンテナ停止
  • docker rm {container} : コンテナ削除
    • docker system prune、docker rm $(docker ps -q -a): 全コンテナ削除
  • docker run --name {name}{imagename}コンテナ名付け
  • docker run -d {imagename}: detached mode コンテナ起動後にdetachする(バックグラウンドで動かす)
  • docker run --rm {imagename}: foreground mode コンテナをExit後に削除する(使い捨てコンテナ用)
  • docker commit {imageid/name} {new_imagename(:tag)}: コンテナ更新
  • docker tag {new_imagename(:tag)} {target}: コンテナ名変更
  • docker push {imagename}: コンテナをDockerhubへ

| 実践

Dockerfileを作成後に

$ docker run -p 8888:8888 -v ~/docker/ds_python/:/work --name my-lab 511a925b20aa
  • -p: publishしてコンテナとホストのポートを設定
  • -v: ホストとコンテナ内部のディレクトリを共有
    • ~/docker/ds_python/:/work : {ホスト内}:{コンテナ内}
  • --name: dockerimage に名前を作成

|| REFERRENCE